フィギアヘッズおすすめアセンEN、ST、ST

みなさんこんばんは。

今回はフィギアヘッズの編成、ENSTST(盾盾)の紹介をしたいと思います。

この編成なかなか尖った編成です。普通はHVSTSTなんですが、あえて機動力と一撃の重いENをリーダーに据えました。個人的にはハイエンド武器があれば楽しめると感じましたが、やはりHVSTSTのほうが安定しそうです(笑)。ただENの練習のためにのっています。この編成のコンセプトとしては、盾盾なので前線の押し上げを考えています。ENにEMPを持って行くことで、相手の対応を遅らせて前線を押し上げやすくしています。また逃げる敵リーダー機をレールガンで打ち抜く考えです。さらに僚機ASショットガンアクセラの召喚士スタイルと同様に、敵リーダー付近で召喚するスタイルも有効です。ただ味方の戦線を支える力と味方のレーダーの数によっては、全然活躍できないこともあるリスクの高い編成でもあります。味方のリーダー機がSNENばかりだったら、素直に違うアセンに変えたほうがいいでしょう。

 

 

リーダー機編成(店売りのみ構成)


メイン:RG11Vレールガン、サブ:Z03ディサイシヴ、特殊装備:EMPグレネード(EGLトルメンテ31)

今のところたどり着いた組み合わせです。本当はアルコ・イリス、デッドリーガンがあれば強いんでしょうが無いので、現状高火力なRG11Vを中心に戦っています。基本的な戦い方としては、敵にEMPをあて高火力レールガンでひたすら撃ちます。敵がダメージを受けていれば倒すことができますし、HPが満タンでも瀕死状態にすることができます。

EMPとしては、トルメンテを使用しています。このEMPのメリットとしては、効果範囲が広いので多くの敵を巻き込めます。特に盾僚機で前線を押し上げる時に使いやすいと思います。

サブ武器はディサイシヴでチャージが早いのが特徴です。戦線が膠着状態の時に、瀕死のリーダーを狙撃できるように使用しています。また盾僚機で気を引いている間に、自分がコア凸するのにも使えます。

スキルは、ユニークスキル、レールガンのスピードローダー、ハイチャージ、マグキャリーを使用しています。

フィギアヘッズは、BITがなくて使用できていません。ロザリア、ハインラインC、メーブC、リリウムあたりが腐らないのではないかと思っているのですが、試していません。

 

僚機の装備ですが、メイン武器シールドガン、サブ武器ホーミングミサイルが重量級にも対応できると思います。ただホミサを持っている間は盾を構えないので注意が必要です。特殊武器は色々考えられるので、編成を考えるのも楽しいです。今のところ有効だと考えているのは、一番機ミニロケ、二番機FGグレが使いやすいです。一番機で削り、二番機がフラグでとどめをさすので、重量級にもある程度対応してくれます。他にもアクセラをもたせて強い近接武器を装備や、EMPを持たせるのもおもしろいなと感じています。近接を重くしてホミサもアンヘルにしたいのですが、重量の関係から実施していません。

 

 

僚機はマクシム、ロザリア、メーブC、ハインラインCなどが強いと思います。(リーダー機とほぼ同じですみません)筆者はあいかわらずBITがないので、SPやASで余ったフィギアヘッズを載せています。

 

盾僚機でやはり重要なのは、タイミングだと思います。味方の上がるタイミングで僚機を流すと、前線を押し上げることができます。適当に流してもキルしてくれるので、僚機操作があまりうまくなくても戦闘スコアを稼いでくれます。アップデートで盾僚機が弱体化されましたが、まだまだ戦えると思います。

課題はリーダー機の弾の補充、回復、また僚機の足が遅いのでリーダー機の足並みが合わないことが問題点です。HVにすればすべて解決すると考えられるので、今後試してみたいと思います。ただENが楽しすぎてHVをやる気が起きないので後で試してみようと思います。

 

 

 

このアセンENSTSTは戦闘スコアが出やすく、PS4では普通に戦っていても4000近くでることが多いので使っていて楽しいアセンとなります。敵に投げつければ大体勝ってくれるので非常に使用しやすいです。味方にレーダーがいて、SP(リペア、サプライ)がいれば非常に安定します。ぜひ使ってみてください。ロドニキの「バカなー」が個人的にはツボ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

趣味でブログを書いています。ゲームが好きなので、ゲームの記事を書いています。目標としては、よりゲームが幅広い世代に普及し、e-スポーツ振興に貢献することです。他にも自分の趣味に関することも記事で書いています。