夏の低コストの暑さ対策(カーテン編)

みなさんこんばんは。

 

最近の非常に暑い夏をどうお過ごしでしょうか。自分はこの暑い中、休みの日は昼過ぎまで寝ています。そこで思ったのですが、なかなかこの暑い時期に昼まで寝ることは難しいのではないでしょうか。自分は以前夜勤で働いていたことがあり、夜勤のときは朝から夕方まで寝る必要がありました。そのときに一番役立ったのが、カーテンでした。

 

カーテンの効果ですが以下のような効果が期待できます。

・温度の調節

・防音

・光量の調節

 

特にこの時期は、カーテンの温度の調節という機能が非常に重要となります。実はカーテンの中には遮熱効果の高いものがあります。これを使用することにより、クーラーをつけていないときも部屋が暖まりにくくなり、さらに冷房の効きも良くなります。このカーテンですが、2枚重ねにするとかなり遮熱効果が高くなります。自分は今の会社に引っ越した際に、会社の寮に入りました。以前の寮は角部屋だったのでカーテンが2枚必要でしたが、今の部屋はカーテンが1枚しか必要なくもったいないなと思い2枚重ねてみました。そこで、この2枚重ねの効果の高さを知ることができました。

 

また布のカーテン以外にも、遮熱効果に優れた透明のカーテンも存在します。このカーテンも遮熱効果に優れているので使用してます。自分の家の窓はこのように3枚重ねで使用しています。透明、ベージュ、薄ピンクのように3つ重ねることで圧倒的遮熱効果があります。

こちらが自分の使用しているものですが、他にも色々タイプがあるので、探してみてください。窓に直接貼るものなどもありますが、

自分はカーテンと同じように使用したかったので、下の断熱カーテンを使用しています。


タダプラ 断熱カーテン 遮光タイプ (サイズ:110×225cm 2枚入り)

 

 

室内用のカーテンとしては、1級のカーテンを使用すると効果が高いと思います。下は一例としてあげたので、自分の気にいったカーテンを探してみてください。


【遮熱・遮光】カーテン 高断熱 1級遮光 カーテン「CALM」 完全遮光生地使用で冷房効率アップ!遮音・吸音効果で生活音を軽減    サイズ:(幅)100×(丈)200cm 2枚組 色:ブラウン

 

さらに遮熱効果を高める方法として、ダンボールをカーテンの横に配置するとさらに効果が高まります。カーテンやダンボールを駆使して、この暑い夏をなんとか乗り越えましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

趣味でブログを書いています。ゲームが好きなので、ゲームの記事を書いています。目標としては、よりゲームが幅広い世代に普及し、e-スポーツ振興に貢献することです。他にも自分の趣味に関することも記事で書いています。