R6S 防衛側オペレーター エコー

みなさんこんにちは。

今回はレインボーシックスシージY1S4で追加された防衛側オペレーターのエコーを紹介します。

 

エコーはレートの高いが攻撃力が低いリコイルの安定したサブマシンガンを使えるキャラクターです。またサプレッサーが付いているため敵にばれにくい特性もあります。さらにポンプ式最強のショットガン、スーパーノヴァを使用することができます。またSASのスレッジ、スモークと同様にサブウェポンにSMGを装備することができます。

ガジェットはホバリングドローン「ようかい」を操作することができます。「ようかい」はエアバーストを撃つことができ、撃たれた敵は酩酊状態となります。さらにディフューザー設置状態の敵に撃つことで、設置を妨害することができます。
また有刺鉄線と展開シールドをガジェットとして持っていくことができます。基本的には有刺鉄線で良いでしょう。ただ安全な場所でドローンを操作したい場合は、展開シールドで安全な場所を作るのが良いでしょう。

 

MP5SD

レインボーシックス シージ_MP5SD

レートの高いサブマシンガンです。サプレッサーで攻撃力が低い(距離減衰しやすい)ため、正確に頭を抜く必要があります。レートが低いためリコイル制御もかなりしやすいです。サプレッサーがついているため、ドローンで索敵、狙撃という戦術も取れます。

SUPERNOVA

レインボーシックス シージ_SUPERNOVA

ポンプ式アクション最強と呼び声の高いショットガン。ブリーチング能力も高いので、エイムが苦手な人にもおすすめです。ただアーマー3のため、ショットガンは使いにくいです。

 

BEARING 9

レインボーシックス シージ_BEARING 9

近距離から中距離で威力を発揮するサブマシンガン。レートが高いので近距離では撃ち負けることはほとんどないです。弾数も多いので非常に使いやすいです。

 

P229

レインボーシックス シージ_P229

サプレッサーに特徴のあるハンドガン。基本的にBEARING 9を使うのが良いです。

 

おすすめカスタム
MP5SD
サイト:ACOG
グリップ:バーティカルグリップ

エコーは基本的に安全な場所にこもって、ドローンを操作して味方を援護して戦うのが強いです。ドローンの使い方としては、敵が攻めてくるポイントに置いておきポイントの防衛に使う方法、パーティーを組んでいる場合は攻撃側のドローンと同じように偵察をして、遊撃する味方を援護する方法があります。
ドローンで偵察して自分でキルしに行こうとすると、スピードが遅いためなかなかうまくいかないことが多いです。そのため、エコー自身はこもっているのが強いです。またエコーはドローンがなければただのおっさんなので、ドローンを壊されないように気を付けましょう。

まずは自分自身が死なない場所で操作しましょう!国境の武器庫守りの一例です。外側から来ない場合は、安心かもしれません。

レインボーシックス シージ_20170226114641

 

オレゴンの地下守りの例(落とし戸が開いてない場合)

レインボーシックス シージ_20170226115001

敵が入ってきにくい場所、またフラグを投げ込まれない場所に籠るのが良いです。

 

ポイントを守る際はドローンが逃げれる場所に置きましょう!

レインボーシックス シージ_20170226114659

障害物の近くだと、ばれても逃げることができます。

 

またポイントに入る要衝に置くのも強いです。

国境作業室守り
この例だと、玄関側の入りしかわかりません。

レインボーシックス シージ_20170226114752

 

一方で通路の要衝におくと、複数の入りが見れるので広く見ることができる

レインボーシックス シージ_20170226114809

通路が複数ある場所は、ドローンとして役目を果たしましょう!

 

もちろん、ディフューザーの設置をエアバーストで解除することができるので、ポイントにおいても強いです。最初はポイント周りにおいて、残り時間が少ない時はポイントを直接守るのが良いでしょう。

 

2018年9月4日のアップデートにより、BEARING 9のリコイルが非常に難しくなりました。

これにより、中距離以降の戦いは厳しそうです。

 

さらにアップデートにより、妖怪ドローンの視認性が格段に良くなりました。

 

レインボーシックスシージ_記事一覧

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

趣味でブログを書いています。ゲームが好きなので、ゲームの記事を書いています。目標としては、よりゲームが幅広い世代に普及し、e-スポーツ振興に貢献することです。他にも自分の趣味に関することも記事で書いています。