R6S 初心者向け音の聴き方

みなさんこんばんは。

今回は、レインボーシックスシージ初心者向けの音の聴き方について記事を書きたいと思います。

スポンサードリンク



今日は音の聴き方についてお話しします。まず前提としてイヤホンを購入してください!このゲームはFPSゲームの中でも、かなり音が重要です。テレビのスピーカーで音を聞いている人は、100円の安いイヤホンでもいいので買いましょう!イヤホンで音を聞くことで低音がしっかり聞こえ、かなり敵の居場所がわかるようになります。もちろん高性能に越したことはありませんが。

 

まず音の出る行動について書きます。
・走る、歩く
・はしごの上り下り
・しゃがむなど体勢を変える
・エイムをする。
・匍匐しながらの移動
・リロード
・武器を変える
・デヒューザーの設置
・カメラを見る
などの行動が挙げられます。そのためこれらの行動をとらなければ音がしなくなりますので、ドローンなどがこなければ敵に居場所がバレにくくなります。

 

音の出る行動を踏まえて、注意点を書きます。

無闇に体勢を変えない
これは防衛している時に、体勢を変える時が多々あると思います。その際に音が出てしまうので、一度体勢を決めたら、変えないことをオススメします。アーマー3だとかなり音がしますので注意が必要です。

エイムをしない。
これは裏取りをするときなどですね。武器を構える際も音がするので、敵と遭遇するまではエイムはしないほうが良いかもしれません。

武器を変えない、無闇にリロードしない
武器を変える際も音がするため、スモーク、スレッジは特に注意が必要です。またリロードも音がします。そのため5発ぐらい撃った際は、リロードせずそのまま戦うのが良いでしょう。

しゃがみ歩きで移動
裏取りで移動する際は、しゃがみ歩きで移動しましょう。普通に歩くと音がしてしまいます。急ぐ時以外は歩きかしゃがみ移動が良いでしょう。

前線でカメラを見ない。
カメラ、ドローンを見る際に音がするので敵の位置が近い場合は、カメラやドローンを見てるか音でわかってしまいます。そのため敵の近くでは、カメラを見るのはオススメできません。音で敵を誘い出すテクニックもありますが隙も大きいので、最初は周りを注意してカメラを見ましょう。逆に敵が自分の近くでカメラを見ている場合は、突撃するのもありですね。

今まで音を聞いていなかった人は、イヤホンを購入して音を聞いてみてください。かなりの情報量を手に入れることができます。また音は行動すると生じてしまいますが、銃声がなっている場合は音を聞きにくくできるので、銃声を利用して味方を援護する方法もあります。音を聞いてみて、今まで以上にレインボーシックスを楽しんでみてください。

 

ちなみに筆者は、A40という3万円ほどした高性能なヘッドホンを使用しています。

この前は1万円ほどのヘッドホンだったのですが、A40は以前のヘッドホンと音の聞こえやすさがまったく違いました。ちなみに以前使っていたのはゼンハイザーのものを使用していました。下に提示したものの1個前の型のものですね。

 

 

A40はシージを本気でやろうとしている方にはおすすめです。ただA40では個別にvcの音量が変えられないのが不満です。ゼンハイザーのものはVCのみの音量が変えられたのがよかったです。しかし筆者はA40を購入したことに後悔はしていません。耳もあまり痛みにくいので、何時間もつけてられます。筆者は昔JCGで優勝することを目的にしていたので、このぐらいの投資はありだと思います。

 

 

ただこれより新しいA50というものが発売されています。こちらはワイヤレスなので、コードが気になる方はこちらの方が良いと思います。A50との大きな違いは、PCでイコラーザーの設定をいじれるかどうかです。A40はPCを使用して設定をいじることができます(例えば低音を大きくなど)。ただA50にはその機能がないはずです。ただA40にはもともと4つのプリセットがついているので、4つから選ぶことができます。自分は設定がよくわからなかったので、A40で設定を弄らず4つのプリセットでやっています。

ヘッドホンが高性能だと、相手の位置がはっきりとわかります。フレンドの安いヘッドホンでは正確な敵の音は聞こえなかったといっていましたが、自分はフラッシュを喰らってもしっかりと敵の位置がわかりました。

 

スポンサードリンク



 

レインボーシックスシージ_記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

趣味でブログを書いています。ゲームが好きなので、ゲームの記事を書いています。目標としては、よりゲームが幅広い世代に普及し、e-スポーツ振興に貢献することです。他にも自分の趣味に関することも記事で書いています。