Call of duty WWⅡ発売2017年11月3日

みなさんこんばんは。

 

今日2017年11月3日にCall of duty WWⅡ(COD WWⅡ)が発売したので、少し内容を紹介したいと思います。

スポンサードリンク




Call of duty WWⅡ

Call of duty WWⅡですが、スレッジハンマーが開発したゲームとなっています。ちなみにスレッジハンマーはCall of dyty advanced war fare(COD AW)を開発したところとなっています。私が初めてマルチをプレイしたのもCOD AWなので是非COD WWⅡもやりたかったんですよね。

 

さて、COD WWⅡの特徴ですが、過去の第二次世界対戦の時代の戦争を描いています。ついにCODが未来から、過去に戻りました。バトルフィールドと同じように過去に戻りましたね。今作はぴょんぴょん跳ねないので、未来系のゲームが嫌いだった方も楽しめると思います。ゲームとしてのスピード感は早めに自分は感じます。

キャンペーン

キャンペーンですが、第二次世界大戦を体験することができます。

キャンペーンモード

 

もちろん最初は、D-Day。史上最大の作戦と言われたノルマンディー上陸作戦から始まります。上陸する前の船の中ですね。

キャンペーンモード

 

そして、地獄の上陸作戦が始まります。

キャンペーンモード

 

今作なんと自動でHPが回復しません。今までと同様に自動回復すると思っていると痛い目を見ます。味方のザスマンから回復キットをもらい使用します。「ザスマン、回復キット持ってこーい」

キャンペーンモード

 

やはり歩兵の装備といったら、M1ガーランドか三八式歩兵銃の二択ですよね。もちろんKar98などの武器も使用できます。

キャンペーンモード

 

このシーンですよ。あの名シーンが再現されるような感じがします。暗くて見えにくいですが、ナイフを持って取っ組み合いしています。

「アパム」と叫びたくなりますね。

キャンペーンモード

 

ちなみに自分は選択肢を間違って、メリッシュのように一度刺されました。

ノーマルですが、意外に死ぬレベルです。

マルチプレイ

オンラインマルチプレイを選ぶと、一人の兵士となり、どの兵団に所属するか選ぶことができます。

まさかの映像付きです。

歩兵師団

 

兵団は5種類あり、それぞれが特徴を持っています。

 

例えば空挺だったらサプレッサーをサブマシンガンにつけることができ、移動速度が速いや、機甲だったらLMGにバイポットをつけられるなど特性があります。

 

今回COD WWⅡでは、試合の待機時はオープンワールド風になっており、司令室付近を歩けます。やはりこの雰囲気「アパム」と叫びたくなりますね。これからレーダー基地に向かうのではないかと思わせるほど、「プライベートライアン」を思い出しました。

 

各施設があり、クエストを受けたりすることができます。

Call of Duty®: WWII_マルチプレイ

 

またあまり実用的ではないですが、射撃場も実装されています。スピードアタックとかあると期待していたのですがないみたいです。

Call of Duty®: WWII_射撃場

 

やはり今作の特徴は、Warモードが導入されたことです。FPSが好きな人に分かりやすく言うと、バトルフィールドのラッシュモードと思って違いないです。

Warモード

攻撃側と、防御側に分かれ戦います。攻撃側の目標は連合軍となり、枢軸軍の高射砲を破壊することです。一方枢軸軍は高射砲を一定時間守れば勝利となります。攻撃側はそれぞれのミッションをこなし、前進していきます。

Warモード

 

例えば攻撃側は最初に司令部を占拠する必要があります。

20171103163430

 

次に敵が攻撃する中、橋を建設し高射砲への道を切りひらきます。

このようにそれぞれのミッションを果たし、最終的に高射砲を破壊するのがミッションです。

 

防衛側は先ほど説明した各ミッションを制限時間まで守り抜けば勝利となります。

 

スポンサードリンク



GRIDIRON

個人的におもしろいと思うのは、ボールの取り合いをし、得点を競うグリディロンでしょうか。

BO3でいうアップリンクです。ハリーポッターのクディッチ的なものでしょうか。

 

中央に落ちてくるボールをとりあい、敵のゴールにいれます。ボールを持っている状態ではHPが増え、やられにくくなります。ボールは意外に小さくて見にくいです。

中央のボール

 

ちなみに今回のゴールはこのぐらいのサイズで、地べたにあります。

グリディロンのゴール

 

確か最初にボール遊びが実装されたのは、AWからですよね。あのときはぴょんぴょんできたから空中にありましたが、ゴールが地面あるのは初めてじゃないでしょうか(あんまり人がいなくてやってないのでわかりませんが)。

個人的にはキャプチャーザフラッグが好きなのですが、どうせ過疎化するので早めに楽しみたいところです。

 

ランクマッチ

12月1日より、ランクマが始まるそうです。なんと上位100に入るとプロのステータスを獲得できるみたいです。ただCODのランクマはあまり盛んでないイメージがありますね。

Call of Duty®: WWII_ランクプレイ

 

他には、MLGゲームバトルに参加できます。MLGは「Major League Gaming」という略でプロゲMLGというプロゲーマーの組織があり、その大会に参加できるようです。日本でいうJCGのもっとプロ志向になったものです。

すごい時代ですよね。個人も簡単に自宅からプロを目指そうと思えば挑戦できる時代です。もちろん上位の人は半端ないのでしょうが。ゲームがeスポーツとして広まっていくと良いですね。

Call of Duty®: WWII_MLGゲームバトル

 

個人的にほとんどやらないのであまりわかりませんが、ちゃんとゾンビモードも実装されています。「ナチゾンビ」という名前であります。フレンドと協力するのも良いでしょうね。キャンペーンモードも協力モードがあるので、マルチプレイが苦手な人も楽しめそうです。

Call of Duty®: WWII_ゲームモード

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

趣味でブログを書いています。ゲームが好きなので、ゲームの記事を書いています。目標としては、よりゲームが幅広い世代に普及し、e-スポーツ振興に貢献することです。他にも自分の趣味に関することも記事で書いています。