R6S 防衛側オペレーターアリバイ(Alibi)

みなさんこんばんは。

今回はレインボーシックスシージY3S2で追加された攻撃側オペレーターのアリバイ(Alibi)を紹介します。

 

アリバイ(Alibi)

 

アリバイはスピード3のオペレーターで、レートが非常に高いマシンガンを使用することができます。

ガジェットはPRISMA(プリズマ)で、アリバイが立っている姿のホログラムを映し出す装置を3つ設置できます。

レインボーシックス シージ_アリバイのホログラム(プリズマ)

 

そのホログラムを攻撃オペレーターが撃つと、敵の位置をピンで示してくれます。間隔は非常に短く、1秒間ごとに位置を特定することができます。

またホログラムは、銃弾などでは破壊できますが、EMPグレネードでは破壊されず10秒ほど無効化されます。

攻撃側の時間がないときは役に立ちそうな、ガジェットです。

 

サブガジェットは、インパクトグレネードと展開型シールドです。アリバイはショットガンをどちらかに持っていくことが多いので、展開型シールドの使用で良いかと思います。

 

スポンサードリンク



 

M×4 Storm

レインボーシックス シージ_M×4 Storm

レートがとても高いがリコイル制御も非常にしやすいサブマシンガンです。

 

 

ACS12

レインボーシックス シージ_ACS12

装弾数が30発という大容量が特徴のフルオートショットガンです。ブリーチングも非常にしやすいので、工作用にも使用できます。

 

Baliff 410

レインボーシックス シージ_Baliff 410

サブ武器として使用できるショットガンです。落とし戸を開けたいときにも使えます。ブリーチング能力は低めですが、壁に穴を開けることもできます。連射力もあり、戦闘にも使用できます。

 

KERATOS .357

レインボーシックス シージ_KERATOS .357

威力が高く、さらに反動がほとんどないリボルバーです。

メイン武器でショットガンを使用する場合は、こちらを攻撃のメインにしても良いでしょう。

スポンサードリンク



おすすめカスタム
M×4 Storm
サイト:リフレックスサイト
グリップ:バーティカルグリップ
バレル:コンペンセイター

 

アリバイは、非常にレートの高いサブマシンガンをメイン武器に使用できる、スピード3のオペレーターです。ガジェットはプリズマで自身のホログラムを写すことができ、さらにそのホログラムを撃った攻撃側オペレーターの位置をスキャンしてくれます。またスキャンの頻度も多いので、撃ってすぐにオペレーターの位置が正確にわかります。

ただホログラム自身には攻撃能力は搭載されていないので、いかに攻撃側オペレーターに撃たせる位置や、攻撃側に脅威となる位置に置くことがポイントとなります。

 

プリズマがよく使われる場所としては、リスキルをする窓があります。これは確かに脅威なのですが、序盤で攻撃側オペレーターの位置がわかってもあまり効果がないかと思います。

むしろアリバイのホログラムを各窓に配置しながら自分もリスキルに参加する、もしくは別の場所からキルしにいくなどは有効だと感じています。

レインボーシックス シージ_スポーンキル用のプリズマ

 

投げることが可能なので、外にも召喚することができます。

レインボーシックス シージ_外へのプリズマの使用

 

他にはやはり頭出しポジにプリズマを置くとホログラムだと認識しにくいので、置いておいても良いかと思います。

レインボーシックス シージ_頭出しポジションへのプリズマ

 

特にドローンでプリズマを見られなければ、瞬間的にアリバイの姿を視認した際にホログラムとバレにくいので、ミュートでプリズマを守っても良いかと思います。ドローンで視認できないため、敵が誤ってホログラムを撃つ確率が上がり、銃弾を撃たせることで、攻撃側の場所を知ることができます。

 

せっかく展開シールドを持つこともできるので、展開シールドで隠しながらも使用可能ですね。

レインボーシックス シージ_展開シールドを利用したプリズマ

 

注意点としては、グラズにはホログラムがバレてしまいます。というのも、ホログラムは黄色くハイライトされませんが、アリバイ自身はハイライトされるので、その点には注意が必要です。

 

スポンサードリンク



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

趣味でブログを書いています。ゲームが好きなので、ゲームの記事を書いています。目標としては、よりゲームが幅広い世代に普及し、e-スポーツ振興に貢献することです。他にも自分の趣味に関することも記事で書いています。