R6S 防衛側オペレーター エラ

みなさんこんにちは。

 

今回はレインボーシックスシージY2S3で追加された防衛側オペレーターのエラを紹介します。ちなみにエラはゾフィアの妹です。

 

 

エラはスピード3のキャラクターで、非常にレートの高い装弾数の多いサブマシンガンを使用することができます。近距離ではほとんど負けることがないでしょう。スピードが早いのでミラのVectorを使いやすくしたように感じます。サブ武器にはサイトをつけられるハンドガンを装備できるので、メインにショットガンを装備して戦うことができます。ブリーチングできるマップでは活躍します。

ガジェットはGRZMOTマインで、聴覚、視覚に影響を与える地雷を3装備することができます。ガジェットが当たったあとは、エコーのソニックバーストを受けたような状態になります。しかし実際はエコーのときより視界は良好で、一方で移動速度が遅い状態となります。ガジェットは投げて設置することができるので、撤退中にもそこらへん(天井が強い)にしかけることで敵の追撃を阻止することができます。特に天井は効果範囲も広いので、基本的に天井の隅にしかけておけば良いかと思います。

他にも直接投げつけても使用することができるので、敵との接敵時にも投げ物として使用することができます。ガジェットはキルしやすいので、設置した近くの場所で戦うか、他には後出しで使用するのが強いです。

サブガジェットは有刺鉄線とインパクトグレネードです。基本的にはブリーチングができる場所ではインパクトグレネードを使いましょう。スピード3なので、インパクトを持ってカヴェイラ的に使うのも面白いです。有刺鉄線を持って行くときはガジェットと組み合わせることで、敵はほとんど逃げることができないでしょう。

 

スポンサードリンク



 

Scorpion EVO 3A1

レインボーシックス シージ_Scorpion EVO 3A1

レートが非常に高いリコイル制御難しいサブマシンガン。装弾数が50発なので、継戦力も高く近距離戦も強いです。

FO-12

レインボーシックス シージ_FO-12

連射速度の高い、セミオートショットガン。連射力は高いですが、反動も大きくなっています。

RG15

レインボーシックス シージ_RG15

サイトをつけられるハンドガン。もしものときは他のハンドガンよりは強く戦えますが、基本的にメイン武器はサブマシンガンで良いと思います。ショットガンをメインに持って行くときに生きるハンドガンです。ショットガンの活躍するブリーチングマップで重宝します。

スポンサードリンク



おすすめカスタム
Scorpion EVO 3A1
サイト:リフレックスサイト
グリップ:バーティカルグリップ
バレル:マズルブレーキ

 

エラは連射力の高いサブマシンガンを装備でき、さらにスピード3なので、敵をどんどんキルしやすいキャラクターです。近接戦闘が非常に強いので、いかに敵の得意な遠距離で戦わず、接近戦に持ち込むかが重要です。ガジェットの地雷は、非常にキルしやすいガジェットとなっているので設置の仕方が重要となります。

スピード3ということで、自分は遊撃に周り裏を取られそうな場所にガジェットを設置しておくと、逆に反撃して敵をキルするなど遊撃として活躍できると思います。ガジェットの設置場所を指定して使うことで、地雷反応時にどの場所から来たかわかるため、ドローンのように使うことができます。敵の位置を知ることはこのゲームにおいてはかなり重要な要素なので、非常に強いです。

他にも、地雷を仕掛けることで自軍の防御力を高めることができるので、ポイントマンとして制限時間で勝つ戦い方もできます。

理想としては、遊撃として戦い、ある程度戦ったらポイントに戻って、時間切れで勝つというのが理想でしょうか。スピード3の攻撃的なガジェットを持った貴重なアタッカーとなります。

レインボーシックス シージ_天井へのGRZMOTマイン

 

やはり天井への設置パターンが敵に気付かれにくく強いです。効果範囲も広いので、圧倒的に強いガジェットです。

 

使い方の一つとして、敵がディフューザーを落としたところにマインを仕掛ける方法があります。有刺鉄線を置くよりも速く投げることができ、見つかりにくいので使い方の一つとしては有用だと思います。

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

趣味でブログを書いています。ゲームが好きなので、ゲームの記事を書いています。目標としては、よりゲームが幅広い世代に普及し、e-スポーツ振興に貢献することです。他にも自分の趣味に関することも記事で書いています。