フィギアヘッズ 僚機の操作について

みなさんこんばんは!

今回はフィギアヘッズの僚機の基本操作について紹介したいと思います。

僚機の基本操作は以下の5つがあります。

・移動攻撃

・移動優先

・追従

・膝射

・特殊設置

さらにアウトポストにはコア攻撃が追加されます。

 

・移動攻撃

指示を出した場所に対して歩きで移動しながら攻撃します。移動速度は遅めです。指示を出したとおりに移動するため、敵が待ち構えていると何もできずに撃破されることもあります。基本的な指示ですが重要な指示方法となります。

僚機は近くの敵を攻撃する性質があります。そのため敵を攻撃する際に一番前にヘヴィアサルト(HV)を歩かせると自機のHPの減りを抑えることができます。そのような工夫をすると自機が破壊されにくくなります。

 

・移動優先

個人的に一番重要だと思います。指示を出した場所に走りながら移動します。移動中は敵と遭遇しても攻撃しないので、接敵したら移動攻撃に切り替えてあげましょう。特に試合開始時は絶対移動優先にするようにしましょう。命令予約で敵と遭遇しない場所は移動優先、敵と接敵しそうなら移動攻撃とすると、移動時間を節約することができます。コア攻撃前に準備するときなどは移動優先にして、アウトポスト近くにしこむのが良いでしょう。移動攻撃にしてしまうと移動が遅く、敵を見つけたら攻撃してしまうことがあります。

また重要なこととして、移動優先にしないと僚機がアクセラレーターを使用してはくれません。アイノアクセラを使うときは必須ですので、気をつけて下さい。

よりレベルの高い使い方として、敵リーダー機が僚機を前に出して逃げようとしてる時に、移動優先にすることで僚機をスルーして、リーダー機のみを攻撃するなどの使い方があります。

 

・追従

自機に移動優先でついてきます。敵と遭遇してもしばらく攻撃しないのであまり選択する意味はないかと思われます。特に離れた場所にいるときに指示すると最短距離を進んでくるので、それなら移動優先で場所を指定しながら行動させる方が良いです。

 

・膝射

その場で膝をつき、精度の高い射撃をします。膝射中は警戒範囲が狭くなります。移動攻撃時は精度はあまり高くないので、その場で精度の高い射撃をさせたければ膝射させるべきです。ただまったく移動はしなくなるので、敵がロケランを持ってるとぼこぼこにされます。マップ画面からカバーさせるのが一番無難ですね。ただカバーする場所がなく、移動して欲しくない時などには緊急で使用できます。

 

・特殊設置

移動優先と同じ指定した場所に走っていき、設置できる場合はものを設置します。設置できるものがない場合は指示は反映されません。

 

・コア攻撃

コアまで移動優先で行動します。移動優先なのでアクセラレーターを使用してくれます。ルートは最短距離を選んでしまうので、予約で移動場所を指示してあげるのが良いと思います。

 

  • 重要な僚機の特徴

次に僚機の特徴について紹介します。僚機ですがリペアやタレットに向けて移動攻撃で指示をすると、目的地に向かって移動しますが、敵と遭遇すると移動をやめて攻撃に集中してしまいます。しかし、場所に対してカバー指示を出しておくと、敵を見つけても攻撃しながら移動してくれます。つまりタレットに攻撃しながら行って欲しかったら、タレットの遮蔽物にカバーするように指示を出しましょう。この操作は非常に重要なので、マスターするようにしましょう。

 

 

 

 

このゲームは僚機指示に勝利がかかっていると言っても過言ではありません。なぜならチームの66%は僚機だからです。また僚機はリーダー機と同様の性能を持っているので、うまく使えばプレイヤーと同等の性能を発揮します。

そのためこまめに僚機に指示を出すようにしましょう。よく見かけるのが敵の拠点を取った後、立ったままになっている僚機をよく見ます。少しの工夫ですが、カバーさせるなど破壊されにくくなる工夫をしましょう。また自拠点のまったく敵が来ない場所にいる僚機ももったいないです。積極的に敵と戦う場所、もしくは自チームに貢献できる場所に移動させましょう。(例えば、敵を発見できる通路や裏取り用の場所など)

 

また個人的にこのゲームはRTSがメインだと思うので、プレイ中の70%はマップ画面を見るのが良いと思いますが、どうでしょう?味方に注意喚起や援護をお願いすれば勝てる気が・・・・・個人的にはします。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

趣味でブログを書いています。ゲームが好きなので、ゲームの記事を書いています。目標としては、よりゲームが幅広い世代に普及し、e-スポーツ振興に貢献することです。他にも自分の趣味に関することも記事で書いています。