R6S Lion(ライオン)の設定について(日本語訳)

みなさんこんばんは。

 

今回はレインボーシックスシージのYear3 Season1のOperation Chimeraで追加されるLionについて紹介したいと思います。

スポンサードリンク




 

前回の記事でフィンカの設定や能力について紹介しました。

R6S FINKA(フィンカ)の設定について(日本語訳)

 

今回はライオンの設定について翻訳したので、紹介したいと思います。

元の英語で書かれたユビソフトのホームページはこちらになります。

Lionの紹介ページ

 

今回も私の読んだ感じで訳したので、ちょっとニュアンスが違かったりするかもしれませんがご了承ください。多分英語の原文で読んだ方が意味がわかると思います。

 

Lion

「人々は死に、私はそれを許してくれることを願う。多くの命を救うために私は何をしたのか。もう一度成そう。それこそが私の仕事なのだから」

オリビエ・フレイメント(Olivier Flament), 西アフリカエボラ伝染病会議,2015

 

怒り

オリビエは伝統的で裕福な家に生まれました。彼の両親と姉であるソフィーは医療関係に従事し、敬虔なカトリック教徒でしたが、オリビエは彼らの業績や信仰に反抗的でした。彼は賢くて傲慢でしたが、反抗することが彼の知性のよりよい利用法だと信じていました。酒を飲むことやパーティーなど、期待に反する行動は楽しいことでした・・・少なくともオリビエの彼女、クレアが妊娠するまでは。

 

オリビエはクレアに中絶するように説得しましたが、クレアは拒否しました。オリビエの両親が妊娠を知ると、オリビエを家から追い出していまいました。そのことで、オリビエはついに耐えられなくなり素行が悪くなっていきます。意気消沈し、ドラッグや酒浸りになり、病院にいくほどボロボロになるには十分であり、そのことは彼に注意を促すものでした。オリビエは18歳にしてほとんどホームレスと同然であり、絶望の末にフランス軍に入隊しました。彼には目的が必要でした。

 

軍隊での生活は大変なものでしたが、報酬を得ることができました。オリビエは目的を慰めとし、昔の習慣から抜け出すのに苦労しました。オリビエは、クレアが自分のことを見ることなく、赤ちゃんである息子の助けになるようにと送金をし始めました。

オリビエは第二レベルのコンバットレスキューになり、CBRN(化学、生物、放射性物質、核)部隊として第二ドラグーン連隊に所属しました。オリビエは連隊のカトリック牧師のバートランドと親密な関係を築き、ついには、バートランドはクレアにオリビエが今までの行動を後悔していると話し、確信させました。バートランドは彼らが再会するように準備しました。

 

後悔

それはオリビエにとって、大変な瞬間でした。中絶することを望んだ息子のアレクシスと出会い、彼の過去の決定がオリビエを激しく責め立てました。彼は利己的でありそれがオリビエにとって迷惑だったので、クレアをなんとかしようとしました。まして、クレアは結婚しそうであり、アレクシスはすでに誰かをパパと呼んでいました。彼がしてきたすべてのことは、彼の愛した人を地獄へ落とし、オリビエを乱暴な精神状態に押しやり、彼の地位を失わせました。バートランドはオリビエの危機を助け、カトリック教会へと戻りました。

 

オリビエは彼が引き起こした苦痛を是正するためにできることをすべて行うと誓ったので、彼はより一層働き、多くの課題を求めました。オリビエは、新しいバイオハザードの専門家として、Groupe d’intervention de la gendarmerie nationale (GIGN)に参加する資格を獲得し、 隔離地域の維持のためにドローンを使用しました。オリビエはその過程でどれほど傷ついても、正しいことをするという自分の義務に重点的に取り組みました。オリビエの感情は無関係でした。重要なことは自分の義務を注意深く観察することでした。スーダンで黄熱が発生した際も、フィールド調査チームを保護すると同時に、彼の大きな声は怯えたぎゃんぐをさらに怖がらせ、地元の人々から「ライオン」というニックネームを得ました。

 

犠牲

2015年、フランス軍はオリビエに第二ドラグーンを率いてアフリカへと向かい、エボラ伝染病と戦っている医療関係者を支援するように依頼しました。悲劇に続き、オリビエが安全上の理由から決定したことは、ドクの同僚を含んだ何人かの医療関係者が死ぬ結果となり、ドクはそのことを責め2人の間に不和をもたらしました。2人の間の緊張はレインボーチーム内で今日まで続いています。

 

オリビエのことを調べた後、フィンカはオリビエをCBRNの専門家としてレインボーチームに推薦し、チームメンバーは同意しました。フィンカとオリビエがサセックスの浜の中毒化した人々と発生した不思議な霧の原因を明らかにした時に、オリビエは自分の価値をすぐに証明しました。霧の汚染物質を見つける際に、新規の飛行ドローンを提供してくれたトゥイッチとその成功を共有すると主張しています。

 

オリビエは彼の息子の人生を関わりのある立場でいることができましたが、しかしそれは居心地が悪い関係でもあります。アレクシスはオリビエををどのように呼べば良いか知りませんし、オリビエも日々パパでいることが何を意味するか、確信が持てません。

 

オリビエは両親と姉との関係を修復しカトリック信仰へ帰依したことでそれらの傷を癒し、一方で兵士になると決めた決断が彼を悩ませていますが、もはや彼は思慮のない反抗者ではありません。ルールが思考を与え、彼のより劣った部分の人間性について考えることを制御可能にしました。オリビエの精神は、人生を楽にするための兵士ではありません。バートランドは常に許しは神の御心にあることを思い出させますが、オリビエは行ってきたことに対する責任の重さに耐えています。不幸なことに、ライオンは間違った方法によりGIGNとレインボーチームの何人かの間で軋轢を生みました。

 

ライオンはドクの博愛主義は負担になるものと考えており、一方でドクは医療従事者の危機を助けるために必要な共感がライオンには不足していると考えています。トゥイッチは戦闘の最中にライオンにつかまることに満足していません。ライオンのGIGNでの親友はモンターニュで、彼が訓練中に間違ったことを言った後サッチャーがオリビエを殴った時、ライオンはGIGNとSASとの間のほとんど殴り合いの状態を引き起こしました。

 

オリビエは可能な時に、ほとんどの時間を教会のボランティア活動へ費やすか、10代の時に聞いていた「angry albums」を聞きながら、アパートで読書をしトラブルに巻き込まれないようにしています。

 

ガジェットロードアウト

 

 

固有デバイス

EE-One-Dはライオンに、ミッション中のホットゾーンと隔離プロトコールの調査を助けます。ライオンはそれを使用しエリア中で誰かが移動しているか検出し、隔離地域や外出時間を違反しているかどうか判断します。

 

アビリティの効果

固有デバイスはEE-One-Dです。EE-One-Dは試合中に3回使用することができ、移動している敵を赤色でハイライトすることができます。発動する際に3秒間カウントダウンされ、カウントダウン後に4秒間ハイライトされます。1度使用したら10秒間は再使用できなくなります。防衛側は移動するとハイライトされてしまいますが、移動せずにしゃがみや伏せ、向きを変えることはハイライトされずに行動することができます。またシグナルディスラプターの近くにいるとライオンの効果を受けることはありませんが、シグナルディスラプターの範囲外にでると表示されてしまいます。

 

実際のプレイ動画が下記のものとなります。


かなり強いアビリテイーに感じます。特にドッケビやジャッカルとタッグを組むことで、最強の遊撃潰しのチームを組むことができそうです。

動画でも紹介されていましたが、防衛側の一人が囮となり、もう一人が隠れて動かないという戦略もライオン対策に有効そうに感じます。実際やってみないとわかりませんが、今から非常に楽しみです。

 

 

今回はライオンの設定やアビリティの紹介をしました。大変な人生を歩んでいるとの印象と、性格が苛烈なようです。英語が難しかったので今回もやはりうまく訳せませんでしたが、ご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

趣味でブログを書いています。ゲームが好きなので、ゲームの記事を書いています。目標としては、よりゲームが幅広い世代に普及し、e-スポーツ振興に貢献することです。他にも自分の趣味に関することも記事で書いています。