R6S 初心者向けドローンの使い方

みなさんこんばんは!

今回はレインボーシックスシージのドローンの使い方を話していきたいと思います。
みなさんは準備フェーズ中にどのようにドローンを使っていますか? 敵のポイントや防御オペレーターがわかっても、ポイント周りにドローンを進めて壊されていませんか。

 

スポンサードリンク



実は敵のポイントの位置やオペレーターがわかったら、無理にポイントにドローンを進める必要はありません。ドローンの準備フェーズの目的は、基本的に次の5つだと考えています。

ドローンの目的

1.防御側のオペレーターを調べる。
2.ポイントの場所を調べる。
3.ポイントの場所に ドローンを置く。
4.最上階もしくは別棟に敵がいるか調べる。
5.侵入予定場所の安全の確認する。

 

順次説明していきたいと思います。

 

1.防御側のオペレーターを調べる。
防衛オペレーターを調べることで、どう攻めるか参考になります。例えばバンディットがいたら、補強壁が開けにくいことや、パルスがいたら下の階からのニトロセルの突き上げに気をつけるといったことを考えることができます。敵が強くなってくると使うオペレーターもほとんど決まってくるのであまり必要ないかもしれませんが、基本的な使い方となります。

 

2.ポイントの場所を調べる。
3.ポイントの場所にドローンを置く。
これは説明するまでもないですね。どこにポイントがあるか、またポイントの有利な場所に置くことでポイントを攻める際に有利になります。ただポイントにドローンを置くと、他の場所を調べられないので、室内に侵入しにくくなります。そのため、フレンドとやらない場合は、あまり最初にポイントに入れることはおすすめできません。

アップデートで2個ドローンが使用できるようになったので、一つはポイントで二つ目は侵入用と使い分けることができるようになりました。

 

4.最上階もしくは別棟に敵がいるか調べる。
これは地下にポイントがある場合や、運河のマップの場合です。基本的にポイントを攻める場合は、上から下に攻めていきます。上から下は階段と落とし戸で移動できますが、下から上は階段でしか移動できません。そのため、階段付近にドローンを置いて、敵が上の階に行ったかどうか見るのが重要になります。上の階に敵が遊撃に出た場合は、味方と協力して遊撃を先に倒しましょう。

また運河は、攻撃側が片側の棟を攻めている時に、反対側の棟から防御側のオペレーターに攻撃されることがあります。そのため準備フェーズ中に攻める棟と反対の棟に敵が行くか見る必要があります。運河では、渡り廊下を防衛側オペレーターが渡るかをドローンで見ることが重要になります。

 

5.侵入予定場所の安全を確認する。
これが最も重要だと思います。準備フェーズ中に自分が侵入しようと思っている場所にドローンを置きましょう。侵入する場所ですが、防衛側が守りにくいところから侵入しましょう
守りにくいところの例ですが、バリケードが多数あり、射線が通りやすいところが守りにくいところとなります。例を挙げると、国境のセキュリティールームや山荘のメインベッドルームとなります。

この5つの目的が達成されていたら、予備のため外のリスポーン地点にドローンを置くことをお勧めします。これでドローンを有効に使うことができると思います。
みなさんもドローンをうまく使ってみて下さい!

レインボーシックスシージ_記事一覧

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

趣味でブログを書いています。ゲームが好きなので、ゲームの記事を書いています。目標としては、よりゲームが幅広い世代に普及し、e-スポーツ振興に貢献することです。他にも自分の趣味に関することも記事で書いています。