R6S 初心者向け補強する壁について

みなさんこんばんは!

今回はレインボーシックスシージの壁の補強について話していきたいと思います。

みなさんは準備フェースがスタートしたら、どこの壁を補強しますか?補強してる途中に、味方に撃たれたりしたことはありませんか?

スポンサードリンク



 

壁の補強について

まずは人質とエリア確保の壁の補強について説明します。この2つのルールでは、基本的に防衛周りの壁を補強して大丈夫です。しっかりとポイント周りの壁と上の階の落とし戸を補強しましょう。一つでも補強してない壁があると防衛がかなり不利になってしまうので、補強してない壁があったら指示を出してあげましょう。
ただポイント周りを補強する際に、バリケードの張り方に気をつける必要があります。というのもバリケードの張り方によって、防衛時に不利になってしまうからです。
ポイント内に味方がいない時は、ポイント周りにバリケードを張らないようにしましょう。例えばポイントに自分しかいない時に、バリケードを張って自分がやられてしまった場合、ポイントに敵が入ることになります。そこで敵が待ち伏せしている時に、味方チームは、ポイントにバリケードを破って入らなければなりません。バリケードを破る時に音がしてしまうため簡単にキルされてしまいます。

例えば落とし戸から撃たれて自分がやられてしまったとします。そのとき周りにバリケードがあると、攻撃側は内部に侵入して簡単に待ち伏せできる。(音がした方を撃てば良い)

BlogPaint

 

逆にバリケードがないと2方向を見なければならない。

レインボーシックス シージ_20161022210945

 

そのためポイント周りには、バリケードではなく有刺鉄線を置くようにしましょう。

 

 

次に爆弾の壁補強について説明します。このモードではAB間の壁を補強してはいけません。理由としてはAボムのポイントを防衛しているときに、Bボムのポイントに爆弾が設置されたとします。この時Bボムのところに行かなければなりませんが、壁を空けていないと通路が1つしかない場合が多いです。そのため通路を敵に見られているとボムを解除しにくくなります。

レインボーシックス シージ_20161022211615

一方でボム間を開通していると、少なくともBボムへ行く通路が増えるため、死ににくくなります。

レインボーシックス シージ_20161022211710

爆弾のモードでは、AB間をつなぐ壁以外の壁を補強するようにしましょう!

 

次にポイント周りで、補強しない方が強い壁について例を挙げます。
一つ目は大統領専用機の会議室周りです。
ここは左側のキッチン側の壁を射撃できるすることもできます。また階段側も空けることで、地下から1階に攻撃側は行きにくくなります。ポイントにあまり味方がいない場合は、強化したほうが良い場合もあります。

レインボーシックス シージ_20161022212753
レインボーシックス シージ_20161022212824

 

2つ目はヨットのカフェテリアです。ここは通路を空けておくと頭出しポジをつくることができ、通路を守りやすくなります。

レインボーシックス シージ_20161022212231

 

基本的に壁は穴を開けていると、敵も味方も通路を通りにくくなります。防衛側は作戦を練って、防御側が有利になるような、攻撃側に警戒させる穴をうまくつくるのが防衛のコツです。
ぜひみなさんも壁を空けた強ポジを色々探してみてください!

スポンサードリンク



レインボーシックスシージ_記事一覧

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

趣味でブログを書いています。ゲームが好きなので、ゲームの記事を書いています。目標としては、よりゲームが幅広い世代に普及し、e-スポーツ振興に貢献することです。他にも自分の趣味に関することも記事で書いています。