R6S攻撃側オペレータードッケビ(Dokkaebi)

みなさんこんばんは。

今回は今回はレインボーシックスシージY2S4で追加された攻撃側オペレーターのドッケビ(Dokkaebi)を紹介します。

 

スポンサードリンク



ドッケビ(Dokkaebi)

 

ドッケビは、スピード2のキャラクターで、リコイルが制御しやすいセミオートのマークスマンライフルを使用することができます。またもう一つのメインウェポンはスラグ弾を使用したショットガンで、中距離までは一撃で倒すことのできる、強力なショットガンです。サブウェポンはどちらもマシンピストルで瞬間火力が高いです。

ガジェットはロジックボムで、防衛側オペレーターが持ったスマートフォンにハッキングして音をたてさせることができます。防衛側オペレーターは音を消すときに無防備になるので、敵の隙を作ることができます。ハッキングしている際は、カメラにもドッケビのマークのようなものが表示されます。

レインボーシックス シージ_ロジックボム

 

またキルしたオペレーターのスマホにハッキングして、カメラをハッキングすることができます。エコーは別のスマートフォンを使用しているためハッキングできない点に注意が必要です。

サブガジェットはスモークグレネードとクレイモアです。基本的にはスモークグレネードでよいと思います。味方とのバランスで決めのが一番です。

 

 

 

Mk14 EBR

攻撃力の高いマークスマンライフルです。持っている武器の中では最も遠距離で戦うことができます。

レインボーシックス シージ_Mk14 EBR

BOSG.12.2

スラグ弾を装填したショットガンです。スラグ弾のため、中距離ぐらいまでは戦うことができます。連射力も高い特徴があります。サブ武器にマシンピストルを装備できるので、ショットガンもありです。

しかしルークのアーマーを着ていると倒せないことがあります。また落とし戸の破壊やブリーチングには、通常のショットガンより弾数が必要なことに注意が必要です。

レインボーシックス シージ_BOSG.12.2

 

C75 Auto

サイトを付けられないマシンピストルです。リコイルはしやすいですが、アイアンサイトのため視認性が悪いです。しかし制御しやすいです。

レインボーシックス シージ_C75 Auto

 

SMG-12

装弾数が多いマシンピストルです。サイトを付けることが可能なので、こちらのほうが視認性は良いです。

レインボーシックス シージ_SMG-12

スポンサードリンク



 

おすすめカスタム
Mk14 EBR
サイト:ACOGサイト
グリップ:バーティカルグリップ
バレル:マズルブレーキ

 

ドッケビは攻撃力の高いマークスマンライフルを使用できる、攻撃力の高いキャラクターです。またサブマシンガンに非常に強力な、SMG-12を使用することができます。ガジェットは敵のスマートフォンにハッキングして音を鳴らすことができます。またキルした敵のスマートフォンにハッキングして、カメラを使用することができます。これは強力でヴァルキリーのカメラにもハッキングでき、非常に高い威力を発揮します。

防衛側がハッキングされた場合は、カメラを破壊した場合が良いです。なおハッキングされると、ドッケビのマークのようなものがでます。

レインボーシックス シージ_ドッケビによるハッキング

スマートフォンのハッキングを止めるために隙が生じるので、味方が攻めるタイミングでハッキングすると強力です。パーティーで戦うのに向いているでしょう。特に敵に遊撃のキャラクターがいると、カメラをハッキングしやすいので、遊撃つぶしとしても使えます。味方に有刺鉄線などを破壊できるキャラクターがいれば、バランスよく力を発揮するでしょう。

また爆弾ルールでディフューザーを設置する際に、スモーググレネードを投げつつロジックボムを使うと、敵の視界を奪いつつ音で敵の位置を把握することができます。これは非常に有用な使い方です。

 

Year 3からライオンが追加されたので、ライオンとの組み合わせや、ジャッカルとの組み合わせなども強そうです。このメンバーが揃うと、防衛側は遊撃には出にくくなりそうです。ただドッケビのピックの優先率は低いと思います。なかなか実践では使いにくいキャラだと思います。

 

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

趣味でブログを書いています。ゲームが好きなので、ゲームの記事を書いています。目標としては、よりゲームが幅広い世代に普及し、e-スポーツ振興に貢献することです。他にも自分の趣味に関することも記事で書いています。