R6S 2018年5月2日アップデート内容

みなさんこんばんは。

 

今回は2018年5月2日にあったアップデート内容を紹介したいと思います。

アップデート内容

オペレーターの変更内容

 

攻撃側オペレーター

Lion(ライオン)

  • ガジェットの使用回数が3回から2回へ変更
  • クールダウン時間が10秒から20秒へ増加
  • EE-ONE-D使用中に防衛側オペレーターが移動をやめると、赤色でハイライトされない仕様に変更

 

BLITZ(ブリッツ)

  • ガジェットの使用回数が5回から4回に減少
  • フラッシュの効果範囲が8mから5mへ減少

 

YING(イン)

  • スモークグレネードがクレイモアに変更

 

HIBANA(ヒバナ)

  • クレイモアがブリーチングチャージに変更

 

 

LMGの攻撃力強化

T-95LSW(YING)

34から43にダメージが増加

 

LMG-E(ZOFIA)

32から41にダメージが増加

 

M249(CAPITAO)

34から48にダメージが増加

 

6P41(FUZE,FINKA)

47から46にダメージが減少

 

 

 

防衛側オペレーター

VIGIL(ビジル)

  • ガジェットERC-7の効果時間が30秒から12秒に減少
  • ガジェットの再使用時間が12秒から6秒に短縮

 

JAGER(イェーガー)

  • ヒバナのランチャーにアクティブディフェンスシステム(ASD)が反応しないように仕様変更

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

ABOUTこの記事をかいた人

趣味でブログを書いています。ゲームが好きなので、ゲームの記事を書いています。目標としては、よりゲームが幅広い世代に普及し、e-スポーツ振興に貢献することです。他にも自分の趣味に関することも記事で書いています。